子育てTips

男子母が綴る子育てのあれこれ

はじめてのえんぴつ、おススメはコレ!

「うちの子はえんぴつをちゃんと持てる」といえるお母さんはどのくらいいるのでしょう? 我が家の子供たちはえんぴつをちゃんと持てるようになるまでずいぶんと時間がかかりました。いまでも「正しく持てる」とはいえないかもしれません。持ち方を教える一方で、いろいろな形、いろいろな濃さのえんぴつで試してきました。

最初に使うのはどんなえんぴつが良いのか、今回は「えんぴつ問題」を考えてみましょう。(文:アキサ ミヨナ

f:id:AkisaMiyona:20181202222444j:plain
出典:くもん出版

くもん「こどもえんぴつ」

6本入り/希望小売価格420円

えんぴつに種類があるなんて、子供が小学校に入るまで知りませんでした。えんぴつに対して「低学年のうちはB、大きくなったらHBを買えばよい。以上!」という単純な考えしか持っていませんでした。えんぴつは六角形。そう思い込んでいるのは古い世代なんでしょうか。いまでは「三角えんぴつ」も一般的なのですね。

六角形のえんぴつがうまく持てない我が子に、私が初めに購入した三角えんぴつはくもんの「こどもえんぴつ」です。濃さは6B・4B・2Bの3種類。長さは6Bで12cm、4Bで15cm、2Bで17cm。軸の直径は約9mmの「太く短く濃い」えんぴつです。子供の小さな手には余計に大きく感じられますが、子供にとってはこの太さが持ちやすいようです。

ふつうのえんぴつは油性塗料とクリアでコーティングされていて表面がつるつるとしていますが、くもんの「こどもえんぴつ」は木目のまま。クリアはかかっていると思いますが、ひかえめでつるつるとすべる感じがありません。これも持ちやすさの秘密なのでしょう。

我が家の次男はこれが気に入って1年生のときに使っていました。このえんぴつは就学前のお子様向けです。我が家の次男の場合、幼保時代はお絵描きにも文字書きにもまったく興味がなかったので、小学生デビューとなったわけです。しかし次男によると、小学校でもこのえんぴつを持っている子はちらほらいたようです。

くもんの「こどもえんぴつ」を買うときの注意点は「専用のえんぴつ削り器を同時に買う」ことです。太いのでふつうのえんぴつ削り器には入りません。くもんの「こどもえんぴつ」自体は大手スーパーなどで入手できると思いますが、えんぴつ削り器を置いていないお店もあります。Webショップで同時に注文するのがよいかもしれません。

トンボ鉛筆のYo-iおけいこえんぴつセット

3本入り/削り器付き/希望小売価格480円

太く短く濃い三角えんぴつはくもんの「こどもえんぴつ」しか知りませんでしたが、トンボ鉛筆の「おけいこえんぴつセット」という商品もあるようです。長さ・軸径・濃さはくもんの「こどもえんぴつ」とほぼ同じ、表面が木目というところも同じです。こちらは専用削り器とセットで販売されており、えんぴつだけの販売はないようです。つまり3本使ってえんぴつに慣れたら別なえんぴつにステップアップということなのですね。

それにしてもメーカーサイトで子供が持っている写真を見るとほんとうに太いです。メーカーのスペシャルサイトにはYo-i(ヨーイ)シリーズの水性クレヨンやもちかたえんぴつ(六角・三角、2B・B)なども紹介されています。とても可愛いし、使うのが楽しそう。数年前に戻れたら、あれもこれも買ってみたい!です。

こどもちゃれんじ「もちやすい!はじめてえんぴつ」

5本/(ベネッセサイトで)616円(税込み)

まだあります。太く短く濃い三角えんぴつが。こどもちゃれんじ「もちやすい!はじめてえんぴつ」です。表面は木目ではなく黄・赤・青のコーティング。しまじろうのイラストが特徴的。長さ15cmで上記2つに比べるとやや長め。対象年齢は2歳代から6歳代となっています。

こちらも専用削り器が必要。ベネッセサイトで「ファルビーシャープナー」が販売されています。

ドイツ製!かっこいいLYRA

ベネッセサイトで販売されている太い鉛筆を削るための削り器「ファルビーシャープナー」がドイツ製だったので、ひょっとして「太く短く濃い三角えんぴつはドイツが発祥なのでは?」と調べてみると、かっこいいのがありました。

LYRA社のSuper FERBY(スーパーファルビー)。白木軸で長さ17.4cm、直径1cm。濃さはB。えんぴつ初めての子供たちにはちょっと薄いかな。

スーパーファルビー・シリーズには同じ形の色えんぴつもあります。大人から見るととってもかっこよくて、子供にプレゼントしたくなってしまいます。でも子供はとても保守的なのでみんなと同じもののほうが喜ぶかもしれませんね。私は「この色えんぴつを誰かからプレゼントされたらすごく嬉しな」と思うので、むしろ大人のための色えんぴつかもしれないです。メーカーサイトにも「対象年齢6/7/8歳~大人の方」とあり、「どの年代の方でも最良な描き心地をあじわえます」とのことです。

LYRA社の太い三角えんぴつにはほかにGrooveというシリーズがあります。こちらは表面のコーティングがブルー、ピンク、ターコイズの3色。芯の濃さはスーパーファルビーと同じくBです。

どれにするか

器用な子で早々に太いえんぴつを卒業できそうなら、3本入りで削り器セットの「トンボ Yo-i おけいこえんぴつセット」でしょう。小学校で使うなら6本入りのくもん「こどもえんぴつ」。小学校では「筆箱に5本入れてきてください」と言われるので3本では足りないのです。しまじろうが大好きなら「こどもちゃれんじ『もちやすい!はじめてえんぴつ』」一択でしょう。 LYRAのスーパーファルビーは濃さがBしかないということで、子供向けというよりもデッサンの好きな大人向けかもしれません。