子育てTips

男子母が綴る子育てのあれこれ

新入生のえんぴつは三角えんぴつがおススメ!

太い三角えんぴつを卒業したら次のえんぴつにステップアップ。六角のふつうのえんぴつで大丈夫なら六角でもよいし、三角えんぴつが書きやすいなら引き続き三角えんぴつで。ふつうサイズの三角えんぴつにもいろいろあるようです。

今回はえんぴつ問題の第2回「ふつうサイズの三角えんぴつ」について調べてみましょう。(文:アキサ ミヨナ

f:id:AkisaMiyona:20181116214841j:plain

かきかた三角えんぴつ ユニスター

三菱鉛筆/2BとB/表面は淡い青と緑または淡いピンクとパープル

我が家の次男は2年生のときから5年生の現在まで、三菱鉛筆の「かきかた三角えんぴつ ユニスター( 青)」を使っています。淡い青と緑が各6本計12本入っています。濃さは2BとBから選べます。「青」以外には「ピンク」があり、こちらは同じくひかえめな色合いのピンクとパープルです。

かきかたえんぴつ ユニパレット 

三菱鉛筆/2BとB/表面は鮮やかな青と水色と緑または鮮やかな赤とピンクとオレンジ

三菱鉛筆からはもう1種類「かきかたえんぴつ ユニパレット(青)」も販売されています。こちらは鮮やかな青・水色・緑色の3色で4本ずつ計12本のセットです。「青」以外に「ピンク」があり、鮮やかな色合いの赤・ピンク・オレンジが4本ずつ計12本。濃さは2BとBです。

サクラ かきかたえんぴつ

サクラクレパス/2BとB/表面は水色またはピンク 

サクラクレパスの三角えんぴつは「サクラ かきかたえんぴつ」。「ブルー」と「ピンク」の2色でそれぞれ12本セットとなっています。どちらも濃すぎず薄すぎない、ほどよい色合いです。最大の特徴はすべり止めがついていること。横方向に細かくうっすらと白っぽいラインが見えます。ここがすべり止めになっていて、手に汗をかいていてもしっかり持てるように工夫されています。また側面3面のうち1面は、名前を書くために半分から上は白くなっています。これだけのスペースがあれば大きく名前を書くことができます。こちらも濃さは2BとBです。

Yo-i もちかたえんぴつ

トンボ鉛筆/2BとB/白地に緑・オレンジの波ラインまたは白地に黄色・黄緑の波ライン

トンボ鉛筆 Yo-i シリーズの「もちかたえんぴつ」です。こちらも12本セットです。表面に「波」のようなラインが引かれているのが特徴です。波ラインに指をあてていくと正しく持つことができるようになっています。

どれを選ぶか

「すべり止め」や「波ライン」などそれぞれに特徴があります。親としては名前を書くスペースが大きい「サクラ」に惹かれます。それぞれ色やデザインが異なりますから、子供に好きなものを選んでもらうのがいちばんでしょうね。