子育てTips

男子母が綴る子育てのあれこれ

新入生におススメの筆箱はコレ!


スポンサーリンク

げた箱は靴箱に名前を変えても、筆箱は筆箱のままですね。基本的な形は何十年も変わっていません。男子新入生はどんな筆箱を買ったらいいんでしょう。男子ならではの「破壊問題」を考慮しつつ、今回は「6年間使える筆箱」についてのお話し。(文:アキサ ミヨナ

壊れたプラスチック筆箱 角の欠損

男子ならではの「破壊」

我が家のふたりの男子の場合、入学当初は学校から「こういう筆箱にしてください」という指示がなかったので、キャラクターものの筆箱にしました。授業参観中に見たわしても、ほとんどの子がこういう筆箱を使っていました。

このタイプの筆箱は、長男も次男も3~4年でダメになりました。次男はそれほど粗暴ではないにもかかわらず、この破壊ぶり。女子だったらこうはならないんでしょうか。

壊れたプラスチック筆箱 ふた部分

丈夫な筆箱といえば?

サンスター文具の「アーム筆入れ」は「象が踏んでも壊れない!」というCMで有名らしいです。そのCMは1967年から放映されていたとのこと。残念ながら私自身はそのCMを見たことがないのですが、実際に象に踏ませていたらしいですよ。

NEWアーム筆入れ
出典:サンスター文具

これだったら6年間壊れないのでしょうね。いまでもちゃんと販売されています。「NEWアーム筆入れ」という名称で、価格は600~800円くらい。しかしこれを使っている子を見たことがないです。

定番のクラリーノがおススメ

壊れたプラスチック筆箱 穴開き
次男のひとつめの筆箱は写真のように大きく割れ、用をなさなくなったので買い替えました。その時点では学校から「筆箱は無地が望ましい」とのお達しが出ていたこと、そして私自身が子供のときにクラリーノを使っていたこともあってクラリーノにしました。

これは壊れません。プラスチック製のキャラもの筆箱は隅から表面のシートがめくれてくるのですが、合皮を縫製しているクラリーノはもちろんそんなことにはなりません。

筆箱表面シートのはがれ
しっかりした作りで丈夫だから価格が高いかと思いきや、約2000円前後。キャラものプラスチックの筆箱もだいたいそのくらいの価格です。最初からこれを買えば余裕で6年間もったと思います。

長男が小学生のころ、クラリーノタイプの筆箱を使っている子はクラスで2~3人でした。しかし「無地で」というお達しが出たあとはたくさんの子が使っています。新しく小学校に入る子供にしてみると「このキャラの筆箱がいい!」となると思いますが、「こーいう筆箱は3年たったらこんなにボロくなるよ」とこのページの写真を見せてあげてください。

片面か両面か

それはもう絶対「両面」ですね。男子は整理整頓が苦手なので、表はいつも使うものを入れ、裏は一時的に使うものを入れるというように分かれているほうが良いです。三角定規や分度器はランドセルや机の中ですぐに迷子になりますから、ここに入れておけば安心です。

「クラリーノ」2ドア削り付筆入
「クラリーノ」2ドア削り付筆入(出典:クラリーノ

 文房具は昔からの定番商品が良いと思います。見た目は地味なものが多いと思いますが、とにかく丈夫で使いやすい。日ごとにボロボロになっていく筆箱を横目で見ながら「もう買い替えないとダメ? でも買い替えてもまたすぐボロくなるし」などとウツウツとした気分にならなくて済むのがありがたいです。